ロケット宇宙機モデリングラボ
東京大学JAXA

東京大学-JAXA社会連携講座シンポジウム

「構造材料に関わる安全設計の高度化〜宇宙航空分野から他分野への新たな展開〜」


home | 講演プログラム | 問合せ先 | 参加登録


シンポジウム開催にあたり

 現在,JAXAでは,限られたリソースのなかで挑戦的なミッションを実現するべく,高コストな試験や経験的な安全率に依存した開発手法から脱却し,数値シミュレーションを中心とした定量的リスク評価により,効率的に信頼性・安全性を確保する開発プロセスの構築が進められている.
 なかでも,発生頻度が高く発生時の致命度が大きいハイリスクな事象として,破壊・爆発事象があげられ,数値解析による現象把握や設計検討の充実が不可欠である.
 ロケットの破壊形態としては,地表面への墜落による高速衝撃破壊やフライト中の指令破壊から始まるき裂進展が考えられる.これらの極限状態における破壊事象を評価する為には,高速歪み環境下での破壊事象や真の破断時の強度評価が必要となることから,動的陽解法による数値解析技術,破壊形態に適した高速歪み環境下での材料データ取得,終局的な破壊基準の策定など解決するべき研究課題は多い.これらは,自動車や各種プラント等の他産業での信頼性・安全性の確保においても極めて重要な研究課題である.
 本シンポジウムでは,様々な産業分野における破壊事象に関する開発動向や,数値解析や試験による現象把握や基礎的な材料特性についての研究など,多方面の方々からご講演を頂き,関連研究者の皆様とともに,研究課題を共有するとともに,今後の展望について議論を行う.


日時:2015年4月21日(火)10:00 - 17:00(受付開始9:30) その後懇親会

場所:東京大学 山上会館 2階 大会議室(東京都文京区本郷7-3-1)

参加費:無料,但し事前登録が必要です.「参加登録」ページより4月10日(金)までにご登録下さい

東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻
ロケット・宇宙機モデリングラボラトリー社会連携講座

Copyright© Rocket and Spacecraft Modeling Laboratory, 2013. All Rights Reserved.